美方屋の歴史

沿革

1946年
(昭和21年)
花園公設市場の一角に青果専門店として創業。(初代店主:小谷)当初は京都市内に屋号を美方屋として5店舗を構え、その1店舗を花園公設市場(現在は老人ホーム)内の一角に出店する形となった。
また、屋号の「美方屋」は小谷の出身地である兵庫県美方郡から命名。
1958年
(昭和33年)
2代目店主として小林一男が就任。
1961年
(昭和36年)
花園公設市場より現在の地へ店舗を独立。
1971年
(昭和46年)
3代目として小林隆伸が就任。
1975年
(昭和50年)
店舗の改装(現在の店舗と同等)
2006年
(平成18年)
ネットショップ「美方屋おんらいん」を開設。
2016年
(平成28年)
創業70年、ネットショップ開設10周年を迎える。
初代 美方屋の店舗 美方屋初代の集合写真
ホームへ戻る
カテゴリーから探す
ご利用ガイド
お問い合わせ
法人様向け
アカウント